大分 グルメ

定番の大分グルメとは?※出張・旅行・観光で食べたい人気名物

定番・人気の大分グルメって?

旅の大きな楽しみといえば、その土地のおいしいものを味わうこと。
ここは、大分グルメのページです。大分の地で育まれてきた伝統のご当地グルメをご紹介します。

 

りょうきゅう丼

「りゅうきゅう」とは新鮮な魚(ぶり・さばなど)の刺身をしょうゆ、砂糖、みりん、しょうが、ごまを加えた漬け汁に浸したヅケのこと。
この「りゅうきゅう」を熱々のご飯にのせて、刻みネギ、大葉、白胡麻、海苔などをちりばめたのが「りゅうきゅう丼」です。
もともと漁師が食べていたと言われている料理で、新鮮な魚をヅケにすることで、いっそうの旨味が引き出される抜群の味です。

 

吉野とりめし とり天

チキン大国の大分で江戸時代から食べられている「吉野鶏めし」と大分名物の「とり天」をどんぶりにした豪快な一品。
とり天の鶏肉は国内初の鳥骨鶏を掛け合わせた大分で生まれた「冠地鶏」を使用しています。
ポン酢とカラシで食すのが一般的で、当時唐揚げが骨付きだったのを食べやすく改良した食べ物です。

 

吉四六漬(キッチョムヅケ)

吉四六(きっちょむ)とは大分県大野郡野津町に実在した豪農のこと。とんちが得意だったとして有名です。
吉四六さんのふるさとである大分県を代表する漬物が、この「吉四六漬」です。
大根やにんじんなどをしょうゆのもろみで漬けたもので、コリコリした歯ごたえが美味です。
しょうゆもろみ漬けは庶民の味として昔から根付いていて、これが吉四六漬の原形になったと言われています。

 

 

大分にはまだまだ沢山の美味しいグルメがあります。
旅行や出張で訪れた際には、ご自分の舌でそのおいしさを確かめてください。大分の旅の想い出が、味とともに深まること間違いないでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ