東京 大分 新幹線

東京〜大分を新幹線で往復するするなら学割・早割

東京から大分まで新幹線を使うと・・・

東京から大分まで、ほとんどの方は飛行機で移動されると思いますが、中には飛行機嫌いな方もいることでしょう。
そこで、ここでは、東京から大分まで新幹線とJRを使って移動した場合の、経路・時間と料金をご紹介したいと思います。

 

経路(行き方)

東京から大分まで行くには、東京から小倉まで新幹線を利用します。
その後、小倉でJR特急「ソニック」に乗り換えて大分まで行きます。

 

時間

所要時間は、東京から小倉まで新幹線で約5時間15分。
小倉から大分までは、特急を利用して約1時間30分。
乗継時間を30分くらい見ると、約7時間15分。

 

飛行機の場合、空港までのアクセスを含めても所要時間は約4時間。
比較すると倍近く違います。

 

料金

東京と大分の移動は、東京〜小倉間は新幹線、小倉〜大分間は特急ソニックを利用します。
東京→小倉→大分という経路で、乗車券料金が14,680円、特急券料金が10,180円。
片道料金は合計25,560円です。

 

この東京〜大分間の新幹線・特急料金はどうすれば安くなるのか?

 

 

 

 

東京〜大分の新幹線に安く乗れる往復割引・学割・早割

東京〜大分の新幹線にはいろいろな方法で安く乗ることができます。

往復割引と学割

まず、新幹線には往復割引があり、片道600キロを超える区間で利用できます。
東京〜大分なら切符を往復同時に購入すると、新幹線往復割引が効いて乗車券が1割引になり、往復で3,000円近く安くなります。
また、新幹線では学割も利用することができます。
学割を使うと乗車券は2割引になり、往復割引と合わせて約8,000円安くなります。
飛行機の場合、学割で安く乗れるのは当日に空席があった場合に限られますが、新幹線の場合は条件を満たせば利用することができます。
距離がある東京〜大分間では、かなり安くなるので学生の方は気にしておいた方がいいですね。

 

早割

飛行機の場合、航空券には早割の制度があり広く知られていますが、新幹線にも早割があります。
特に大分から東京へ行く人は、早割を利用することができます。
使えるのは「のぞみ早特往復きっぷ」で小倉から東京まで往復で34,970円。
大分〜小倉は特急ソニックで片道4,230円、往復8,460円。
大分から東京までの往復は43,430円なので、往復割引を使うより安いです。

 

なお、東京から大分へ行くときには、東京〜小倉間でスマートEXなどの早割を使います。
「EX早特」なら平日でも片道17,400円、往復34,800円。
やはり往復割引よりも安くなります。

 

飛行機の場合は、早く予約する以外には安くは乗れませんが、このように、新幹線にもいくつか安く乗る手段があります。
時間はかかりますが、新幹線という手段もありですね。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ